症状緩和に効果がある成分

悩む女性

女性ホルモンを補える

女性ホルモンの減少により引き起こるのが、更年期障害です。おおよそ45歳前後から症状が現れ、身体的にも精神的にも大きな影響を受けます。のぼせやほてり、イライラが代表的な症状ですが、症状の数は200以上あると言われています。また、女性だけではなく、男性にも更年期障害は現れます。上手に付き合うことが重要ですが、サプリで症状を緩和することもできます。どのようなサプリが、更年期障害に効果があるのでしょうか。更年期障害に有効なサプリとして知られるのが、大豆イソフラボンです。特に女性の更年期障害に大きな効果を発揮します。閉経により女性ホルモンのエストロゲンが減少することが、更年期障害が現れる理由の1つです。大豆イソフラボンはエストロゲンと同様の働きをするため、減少している女性ホルモンを補えます。また、美容にも効果を発揮するため、美肌を維持したい願いも同時に叶います。ポリフェノールも更年期障害を緩和する成分として知られています。大豆イソフラボンと同じくエストロゲンと似た作用があるほか、コレステロールの上昇を抑える効果もあります。生活習慣病を予防できるため、サプリで摂取したい成分です。また、抗酸化作用が高く、老化の原因となる活性酵素を取り除いてくれるのも魅力的です。その他、ビタミンB1やビタミンDも更年期障害を緩和します。この2つのビタミンは、全身の健康維持にも欠かせません。現代の日本人に不足していると指摘されているため、サプリで補いたいところです。